油には、ダイエットに良いものと悪いものがある?|ダイエットインフォ

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最新記事

油には、ダイエットに良いものと悪いものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
as2013020701.jpg

ダイエットに大敵のイメージの脂質だが、実はやせる手助けをしてくれる油もあります。



油の性質を見極める


「油はダイエットの大敵」と思い込みがちだが、やせる手助けをしてくれる油もある。

「体の代謝を活発にして脂肪細胞の増加を抑制する、やせるのに向いた油もあります。
ダイエットを考えるなら、油の性質を見極めて良い油を選ぶことが大切です」と、
脂質代謝に詳しいエミリオ森口クリニック院長の板倉弘重さんは言う。


油の性質は、それを構成する脂肪酸によって決まってくる。
まず、バターなど動物性脂肪に多い飽和脂肪酸と、植物の油や魚介類に多い不飽和脂肪酸とに大別される。


さらに不飽和脂肪酸は、化学構造の違いからオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系に分類される。

オメガ3系はα-リノレン酸の多い亜麻仁油やエゴマ油などがその代表で、
生活習慣病の予防も期待される油の優等生だ。

オメガ6系は、大豆油、コーン油などのリノール酸で料理によく使われる。
また、オメガ9系はオレイン酸の多いオリーブ油、菜種油などで、酸化しにくい特徴を持っている。


こうした油の性質を理解した上でダイエットに最も適した油といえるのが、
新鮮なオリーブを圧搾して作ったエクストラヴァージンオリーブオイルだ。

「このオリーブオイルには抗酸化作用の強いポリフェノールやオレウロペインが豊富に含まれ、
体内で脂肪細胞が増加するのを抑制してくれます」(板倉さん)。

しかも加熱に強く、炒め料理にも重宝するという。

では、普通のオリーブ油ではどうか。
「精製したオリーブ油では、ポリフェノールなどオリーブの有効成分が取り除かれてしまうので、
ダイエット効果はあまり期待できません」(板倉さん)。

オリーブ油でやせたいなら、ラベルの確認が重要なようだ。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0500P_V00C13A2000000/



動物性脂肪分に多い「飽和脂肪酸」
牛脂・バター・ラードなどの動物性脂肪。
常温で固体のものが多く酸化しにくい。皮下脂肪になりやすく
コレステロールや中性脂肪を増やす。

魚介類や植物の油に多い「不飽和脂肪酸」

■オレイン酸・・・・オリーブ油に多く含まれ、キャノーラ油、ナッツ類にも多い。
          酸化しにくく、脂質や糖の代謝を促進してくれる。

■α-リノレン酸・・ 体内では産生できない必須脂肪酸。心臓疾患のリスクを軽減するともいわれる。

■リノール酸・・・・悪玉のLDLコレステロールを低下させる作用があるが、酸化しやすいため
          LDLコレステロールを酸化LDLコレステロールと言う超悪玉菌に変えてしまう
          危険性がある。

■トランス脂肪酸・・加工された植物油や、それを使用した加工食品に多い。悪玉コレステロールを
          増加させてしまう。トランス脂肪酸ゼロや、それを減らしたマーガリンなどに
          含まれている。

| ダイエット食品 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

関連記事

最新記事

コメント





トラックバック URL

http://dinfo2011.blog.fc2.com/tb.php/487-c98a2acc

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。