ダイエットが成功しない「NG習慣」25個!|ダイエットインフォ

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最新記事

ダイエットが成功しない「NG習慣」25個!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ng.jpg

ダイエットが成功しない「NG習慣」25個をご紹介!

「今年こそは痩せよう」と元旦からダイエットに取り組んでいる方も多いかと思います。約3週間たった現在、その効果は現れていますか?

もし「ダイエットしているのに、全く痩せない!」と嘆いているなら、日々知らず知らずのうちの行為が、ダイエット効果を無意味にさせているのかもしれません。

そこで今回は米フィットネスサイト『fitsugar』から、ダイエット時にやってしまいがちなNG習慣を2回に分けてご紹介。

効果が出ないからとダイエットをやめる前に、まずはこんなことをしてはいないかチェックしてみて下さい。以前にダイエットを諦めてしまった方も必見ですよ!

■1:ヘルシーフードを食べ過ぎる


ナッツ類、アボカド、全粒粉パスタやダークチョコレートはヘルシーで知られていますが、だからといって好きなだけ食べていいとは限りません。ヘルシー料理を食べる際も量をきちんとカウントしましょう。

■2:朝食を食べない


朝食を食べないと一日のエネルギーが不足し、新陳代謝も滞ってしまいます。さらに、朝食を摂った人の方が痩せやすいという傾向もあるので、朝はきちんと食べるようにしましょう。

■3:食事制限がきちんと出来ていない


ダイエットの大きな鍵といえば食事制限。しかし適正な1人前がどのくらいなのか、1カップがどのくらいなのか、ときちんとした食事量が分かっていなければ、きちんとした食事制限にもつながりません。

■4:立ち食いをする


何も考えずに食べてしまいがちな立ち食いは、食べ過ぎにつながります。食事はきちんと座っていただきましょう。

■5:十分な睡眠をとらない


一日のエネルギーを蓄えるためにも、食欲をコントロールさせるためにも7~8時間は寝るようにしましょう。

■6:低脂肪の食品に頼りすぎる


低脂肪だからといって安心して結局食べ過ぎてしまっては元も子もありません。また、低脂肪食品に多い軽い味付けは、食欲を増進させてしまうので注意が必要です。

■7:十分な野菜を摂っていない


野菜と果物は、満腹感を促す食物繊維などの栄養素を多く含むうえに低カロリー。これらをたくさん摂る人ほど痩せるといった研究結果があるので、野菜や果物はジャンジャン摂りましょう。

■8:犬の散歩だけで満足している


毎日15分間犬と歩いているだけでは劇的な変化は訪れません。減量を望むなら最低30分は有酸素運動を行いましょう。

■9:食べ物を小さく切らない


人は大きい食べ物よりも小さい物に満足する傾向にあります。食べる時はできるだけ食べ物を小さくカットしてから口に入れましょう。

■10:炭酸系のドリンクを飲んでいる


栄養効果がない炭酸系ドリンク。「せっかくのダイエットが無駄になる危険な飲み物2つ」でも紹介した通り、ノンカロリーであっても太ってしまう危険性があるので注意を。

■11:夫や恋人が協力しない


パートナーが外食やテイクアウトを常にとったり、デザートを食べに行こうと誘ってきたら……なかなか断れず、ついダイエットを諦めてしまいがちに。

そうならないためにも、きちんとコミュニケーションを取って「ダイエット中」だと伝えましょう。また、一緒にダイエットを行うなんて事もアリです!

■12:トッピングや調味料を盛り過ぎる


例えヘルシーなサラダをオーダーしても、その上にたくさんのベーコンやチーズにクルトン、そしてたっぷりのドレッシングをかけたら結局カロリーオーバー、なんてこともあるので気をつけましょう。

■13:水を飲まない


体内の水分を補充してくれるだけでなく、新陳代謝を促し体重の減少に役立つお水はダイエットの強い味方。ですので飲み物はできるだけ水に切り替えましょう。

■14:ストレスがある


ストレスを抱えると甘いものを食べ過ぎる傾向に陥ります。好きなことやリラックスをして、できるだけストレスフリーを心がけましょう。

■15:ダイエットのプランに従わない


どんなダイエットに取り掛かっていても、そのプランに従うのが原則です。「今日だけはダイエットをお休み」など、生半可に行うと結果も中途半端に終わってしまいます。

■16:外食ばかりしている


外食はついつい食べ過ぎてしまったり、カロリーが不明なものが多いのでできるだけ避けましょう。どうしても外食する場合は、サラダなどヘルシーな物をオーダーしたり、食事を皆でシェアするなど工夫を。

■17:何を食べたかメモしない


一日に何を食べたかをメモする女性の方が、メモをしない女性よりもダイエットに成功するという研究結果が!

■18:空腹でエクササイズする


空腹のままで運動を行うと、脂肪分のカロリーが燃焼される前に筋肉が分解されてしまいます。そうならないために、また運動中のエネルギーをつけるためにも、きちんと食べてから行いましょう。

■19:有酸素運動しかしない


カロリーを多く燃やすには有酸素運動が一番ですが、脂肪を多く燃焼するには筋肉をつけるのもマストです。また、関節のケガを防ぐためにも筋トレも一緒に行いましょう。

■20:何かをしながら食事する


パソコンをしながら、テレビを観ながら……何かをしながらの食事は、つい知らず知らずのうちに多く食べてしまうのでやめましょう。

■21:ゆったりとした服装が好き


「快適だから」といってボディラインの隠れる服装をしていると、自分の体型を見る機会が少なくなり、ダイエットのモチベーションも下がってしまいます。

■22:食事を十分にとらない


十分に食事をとらないとダイエットは長続きしませんし、お腹がすく分間食を多くとってしまう傾向に陥ります。もちろん栄養面にも影響がでるので、絶対にやめましょう。

■23:●●抜きダイエットを行う


痩せるためには穀物、野菜、果物、乳製品、肉魚豆卵類をバランス良く食べる事が必須です。炭水化物抜きダイエットのように何かを抜くと、不健康な上に他の食類を食べ過ぎてしまうために意味がありません。

■24:ストイック過ぎる


アメリカ国立衛生研究所の発表では、長い間ヘルシーな食生活を送っている人が甘いものを食べた場合、それが1日に600キロカロリー以内であればウエストラインに影響はしないといいます。

ですので甘いものを食べ過ぎたからといって、あまり深く落ち込んだりプレッシャーを感じる必要は無用。たまには好きな物を食べるのも、ダイエットを長続きさせる秘訣です。

■25:運動後に間違った間食をとる


運動したからといってカロリーの高い間食をとっていい訳ではありません。運動後の間食も普段の間食と同じように150キロカロリー以内に収めましょう。


ダイエットがなかなかうまくいかない人は何個かあてはまるものがあったのではないでしょうか??

今年こそはなんとかダイエットを成功させたい!という方はまず生活の習慣をかえてみましょう♪

| ダイエット方法 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

関連記事

最新記事

コメント





トラックバック URL

http://dinfo2011.blog.fc2.com/tb.php/463-4459132a

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。