意外!?ダイエットで嫌われるはずのアレをとらなきゃマズい理由。|ダイエットインフォ

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

最新記事

意外!?ダイエットで嫌われるはずのアレをとらなきゃマズい理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
as2013011901.jpg

ダイエットというと、つい油ものを避けがち。しかし不足するとマイナス効果が起きてしまいます。


たしかに、油は1gで9kcalと、炭水化物やタンパク質よりもエネルギーが倍以上。しかし、それだけ高エネルギーだからこそ、生命に重要な役割を担っているのです。そのため、不足することは多くの危険をもたらす可能性もあるのです!



■油不足が健康被害を招く!?


油の摂取と死亡率との関係をみた研究では、1週間に4回以上油料理を食べる人と、
それ未満の人では男性で約3%、女性で約10%、油料理を多く食べている人の方が
長生きしているという研究結果(東京都老人総合研究所 小金井市70歳老人の総合健康調査)があります。

また、厚生労働省発表の「日本人の食事摂取基準2010年版」には、
飽和脂肪酸の1日の摂取量が10g以下だと、総死亡率、がん死亡率、冠動脈疾患死亡率、
脳卒中死亡率が急増との報告もあるのです。

もちろん元々身体に不必要な栄養素というのはないのですが、
嫌われ者の油にはこんな嬉しい研究報告があったのです。



■油がホルモンを正常に働かせる


油の身体の中での働きとして、
ホルモンの材料、潤滑油、皮膚や髪の毛に潤いを与えるなどの役割があります。

さらに油をとることで、体内の脂肪の燃焼効果を上げ、脂肪代謝を上げる役割も果たしているので、
ダイエットの味方に。



■油がダイエットをサポート


ホルモンの材料になるということは、体内で正常にホルモン分泌ができるので、
代謝の良い身体作りができるという事になります。

ダイエットをすると食事量が減り易いので、ホルモンの材料が減り易くなりますが、
油を摂ることで緩和されます。

また、全体の食事量が減ると便秘にもなり易くなりますが、潤滑油として油が活躍。
栄養不足での肌荒れを改善してくれるので、

ダイエットの敵と思っていた油は実はとても味方になるのです。



■質のよい油って!?


油にも色々と種類がありますが、
良質の油を摂ることで、脳の働きを活性化させ本来あるべき体の機能を正常に導きます。

良質の油とは、低エネルギーということではなく、身体によい影響を与える働きのある油。

特にアマニ油、シソ油、エゴマ油、オリーブ油などは良質の油と言われています。



かといって、高エネルギーであることは事実です。更に油は酸化されると働きが弱まるので、できるだけ熱(火)を加えないのもポイントです。全体の摂取エネルギーを一定にした上で、食事の中に油を組み込んでいくのが得策です。サラダにはあえて“ノンオイル”ではないドレッシングを使うのも良いですね。

色々種類があるので、用途に併せて是非賢く使ってみて下さい。



健康食品として食べる油などもあるほど
”質の高い”油は大切です。

料理に使う油ではなく、火を通さずに食べるいったような
工夫を凝らし、ちょうど良い量を補っていくことが大切です。


| 豆知識 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

関連記事

最新記事

コメント





トラックバック URL

http://dinfo2011.blog.fc2.com/tb.php/461-9a7b4204

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。